STAFF クリエイター

磯部ノブ
  • PROFILE
    【出身地】 東京都板橋区
    【出身校】 和光大学 表現学部 総合文化学科
    【趣味】 格闘技観戦(新日本プロレス、RIZIN)・総合格闘技・紅茶・YouTube鑑賞・アニメ・アクション動画制作・アイドルのライブ・Dead by Daylight・料理
    【特技】 殺陣
    【尊敬する人】 コナー・マクレガー、落合陽一、上野隆博、ドニー・イェン
    【座右の銘】「人事を尽くして天命を待つ」
    【好きな曲】 欅坂46「サイレントマジョリティー」・BenjaminJasmine「細胞」・群青の世界「僕等のスーパーノヴァ」・キミノマワリ「ヒマワリ」・WILL-O'「Last Dance」・衛星とカラテア「Hello World」・ZOC「family name」・BLACKNAZARENE「officialfake」・MAJIBANCH「生き残れよ、少年少女」・まねきケチャ「青息吐息」・aespa「Savage」・EMPiRE「MAD LOVE」・may in film「スターゲイザー」
  • COMMENT
    高校時代は演劇部に所属していました。
    タレント養成所にも2年間ほど在籍しており、高校生あたりから何か"表現すること"をしたいと思い生きていましたし、そうゆうことをして生きている人たちに憧れや尊敬を抱いておりました。

    大学時代では映像制作サークルに所属し、主にキャストとして参加していました。
    オリジナルヒーロー映画にキャストとして参加をして、そこから縁がありスーツアクターとしてヒーローショーの実施、東京都町田市のローカルヒーローとして活動させていただきました。
    元々、格闘技や特撮が好きだったことからアクションの楽しさにドップリハマってアクション教室に2年間ほど通っていたりしました。
    この通り、大学生生活はヒーローショーとアクションの活動に時間を費やして大学生活を終えました。
    就職するにあたって、当時はこのまま普通に働いて、普通に結婚して、暮らしていくんだろうなぁと思いながら、同調圧力という社会のマインドコントロールにより周りに流されるまま就職活動をして、IT業界でエンジニアとして新卒で働いていました。

    しかし、何年か月日が経つにつれて、あの時の何か"表現しよう"と駆け抜けた日々と実感のようなモノが忘れなくなったのと周りの友達がエンタメ業界で働いたりしているのを間近で見ていて、自分の人生について思い悩むようになりました。
    そんな中、当時アイドルが好きだった私は自分が一番好きで毎週足を運んで通っていたアイドルグループのワンマンライブで一番好きな曲の歌詞「夢なんていらないと 逃げ出したのが罪だったなら ねぇ神様 もう時効でいいでしょ十分に泣いたよ この涙が乾くまえに 手探りでいい 裸足だっていい 欠片だっていい 半端だっていい 何かきっかけが欲しくて」という曲の歌詞を聞いて涙してる自分がいて、そこから何か自分ができるモノ、夢を見つけなければと思い自分のやりたいことを今一度探し直しました。

    そんな中動画制作を仕事にしようと思ったのは、悩みを抱えて仕事をしている内にコロナ禍となり、家にいて何かを見る時間が増えYouTubeで動画をよく見るようになったのと、当時アクション動画を投稿していたことから、動画制作というモノに興味を持ちました。
    そこで色々と探している内にAXL TOKYOを知り、YouTubeというソーシャル メディアを映像というツールを使い表現できる環境に魅力を感じ、縁ありAXL TOKYOに入社させていただきました。

    自分で何ができるのか、どこまで出来るのか分かりませんが、一生懸命頑張りたいと思います。
  • IMPRESSION
    様々なジャンルやツールで、多くのメディアに触れてきた彼ならでは世界観を持っています。貴方が思い付かなかったアイデアもきっと創造するでしょう。
    そして格闘技というジャンルに精通するスタッフは、現状彼だけです!多角的な演出のアイデアにお困りの際は、是非磯部を頼ってみてください!
  •